Rouge Tea Party @Caltech

Caltechで理論物理の研究をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月前半

さて、新しい論文をarXivに投稿しました。

http://arxiv.org/abs/1404.6311

この研究はそもそも、フラクタルなlattice上でmany-body physicsを研究するとどうなるか?というかなりナイーブな疑問から生まれたのですが、調べ始めてみると、この種の研究は1980年代初頭から行われていて、膨大な数の論文があることが分かりました。
けれど驚くべき事に、量子イジングモデルを研究している論文が一つも無くて、さらに、ちゃんとしたsecond-orderなQuantum Criticalityは見つかっていませんでした。
で、量子イジングモデルをフラクタルlattice上で研究してみると、ちゃんとQuantum Criticalityが出て来たという論文です。

僕にとっては数値計算の練習のつもりで開始した遊びのプロジェクトだったのですが、大昔に流行っていたテーマを、現代的な視点から研究してみると色々な事がわかるんだなあと思いました。知らなかったテクニックとかもたくさん学べて、非常に有意義でした。

一番大切な結果としては、フラクタル次元が2のlattice上での量子イジングと、普通の2次元lattice上での量子イジングでは、critical exponentの値が違ったということです。これは、Symmetryや空間次元だけではuniversality classが決定しないということを示唆しているようです。

Fig_lattice.jpg



以下の論文の著者が先週Caltechでセミナーをしてくれました。
http://arxiv.org/abs/1401.7087

D-Waveの「量子コンピューター」が、本当に量子コンピューターなのかという問いに対する、批判的な研究です。この問題の基本から始めて、どうして彼の古典モデルがD-Waveの実験結果を再現できるのかを詳しく解説してくれました。USCでD-Wave machineを使った実験をしているLidarもセミナーにやって来て、たくさんの質問が出て盛況なセミナーでした。

d_wave_one_system.jpg

発表者の滞在期間中、色々な議論をする機会があったのですが、本人はD-Waveの感情的な反応にうんざりしているのと、他の人(例えばD-waveで働いている人たち)の生活をdifficultにしている事に後ろめたさを覚えている、との事でした。


僕自身は、「D-Waveのマシンが量子コンピューターとして役に立たない」という点には99%くらいの確信があります。けれど同時に、「D-Waveのマシンが古典コンピューターとして役に立つ」のではないか?という風に思っています。

というのも、半年ほど前に、スピングラスの数値計算の論文を見つけたのですが。その論文の主張する所によると、スピングラス系で実際に1秒間に起こっているdynamicsをsimulateするには、大体100CPU yearsほどのリソースが必要だそうです。で、その論文は、実際にそれを実行したという結果でした。
なので、もしD-Waveのマシンを使ってスピングラスの古典dynamicsのシミュレーションが1秒間くらいで実際に出来るなら、それは素晴らしい事のように思います。



スポンサーサイト
  1. 2014/04/28(月) 10:21:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月 | ホーム | 3月>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rougetea.blog94.fc2.com/tb.php/55-b9cb11c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。