Rouge Tea Party @Caltech

Caltechで理論物理の研究をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5月後半

約4カ月ぶりの東京訪問。

今回は広尾と六本木周辺を中心に滞在。
この地域は、日本国内において洋風な生活をできる唯一の場所なのだと思う。
日本人というよりは、日本及び東洋文化に憧れるアメリカ人と化してしまっている僕としては、なかなか暮らしやすい町だった。

ごはんも美味しいし!

しかし唯一の、そして非常に重要な問題点は、ボストンやパサデナでの普通の暮らしをここで再現しようとすると、約5倍の出費に。
そして、僕にとっては収入を5倍にする努力よりも、アメリカで職を見つける努力の方が簡単なので、僕は迷い無く後者を選ぶだろうと思う。。。

IMG_0011.jpg

Nさんが4月から東工大の先生になられたので、訪問。
ボストン時代に一番仲の良かった日本人研究者であり、自分の師であり、なんか色々。

僕のとても偏見に満ちた物差しによると、Nさんはこの世代で日本で一番優秀な理論物理学者だと思う。
そんなNさんがアメリカではなくて日本を就職先として選んだのは、僕個人としては大きな動揺だった。
けれど、実際に訪問してみると、なんだかしっくりきたし、全く昔と変わっていなかった。

僕のとても偏見に満ちた物差しによると、東工大の物性理論のレベルは非常に高くて、日本国内では間違い無く一番だと思う。
なので、これは当然の選択だし、妙に納得した。

僕もアメリカに残るか日本に帰るかの選択を、そのうち迫られることになるのだろう。
けれど、僕の場合はほぼ確実にアメリカに残ると思う。

僕のとても偏見に満ちた物差しによると、日本の量子情報理論のレベルは相当低いので、僕みたいなバックグラウンドの人が日本のコミュニティにできる貢献は多大だとは思う。
ただ、研究の貢献というのは民族や土地に対して成されるものではないし、僕はリーダーシップに才能を発揮するタイプではない。
それに、若い世代の学生たちにとっても、日本国外でキャリアを築くという前例があるのは、日本の研究コミュニティをとりまく閉塞感を拭うのではないかと思う。

ルールや構造が与えられた時に、99%の人はそれに何とか対応することが出来るけれど、どうしても出来ない!という人が1%いる。
そういう人は、自分に合っている環境に身を移せば良いと思うし、僕はそういった人たちの道しるべになれればそれでいい。


スポンサーサイト
  1. 2013/05/28(火) 10:12:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6月前半 | ホーム | 5月最初>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rougetea.blog94.fc2.com/tb.php/35-b6ae67a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。