Rouge Tea Party @Caltech

Caltechで理論物理の研究をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

熱 PhD ボストン ネットスーパー

また熱を出してしまいました。大体、年に8回くらいのペースですね。体の弱さには定評があります。。。

残念ながら僕には、行動的に仕事をしたり積極的に趣味を楽しんだりみたいな事をできるだけの体力は無いみたいです。だからこそ、人との出会いは一度一度を大切なものだと考えていますし、仕事もインパクトの高い物を集中してやっていく必要があると思っています。

という事で、僕が参考にするべき研究者は朝永なのかなと思います。以下は、朝永のドイツ留学中の手記ですが、とても興味深いです。
http://members.jcom.home.ne.jp/lionsboy/tomonaga.htm

ネガティブが一回りして、とてもポジティブになっている印象です。こういう考え方は、とても共感します。


ところで先日、恋人がMITのAeronautics and Astronauticsで、PhDを取りました。そのThesis Defenseに出席するために、先週はボストンに帰っておりました。晴れて、日本では珍しいであろうアメリカのPhD持ちのカップルとなりました。無駄に高学歴ですが、二人とも体の弱さには定評がありますので、何か日本に貢献ができる自信はあまり無いです。。。


さて今回のボストン滞在中は、昔の指導教官たちと話したりしました。最大の目的は、解けない数学の問題があったので、Peter Shorに解いてもらおうという魂胆だったのですが、やっぱり一筋縄ではいかない問題ということでした。Eddie Farhiとは、完全に研究者としての世間話をしました。こういうのが出来るようになったのは、自分も少しずつシニアな研究者になって来ているのかなと思います。

同時に、自分がtop schoolの教授として帰ってくるために、何が足りていないのか、そんな距離感を測ることもできます。やはり僕は、Caltechでも学生を指導する事、他大学のシニアな研究者と1つ論文を書く事、同僚のポスドクと1つ論文を書く事、その3つが決定的に欠けています。研究のクオリティに関しては、今まで通りの努力を続けていけばいいのかなという感じです。

そんな感じで、ボストン滞在を満喫していたら、風邪を引いてしまいました。けれども微熱程度だったので、強引に飛行機に乗ってパサデナまで移動したのですが、それがまずかった。正直、飛行機の中で何度か死を意識しました。。。飛行機に乗る前には絶対に体調は万全であるべきだと思いました。


病気のせいで研究は少し滞っていますが、やはり、たくさんの研究をするのではなく、数を絞って研究しようと思っています。。。後、これを機に、もっと健康的な食事や生活を心がけようと思いました。


熱で外出できないので、ネットスーパーを利用して果物や野菜を大量に購入しました。僕が使ったのはVon'sというスーパーのサービスです。
http://www.vons.com/IFL/Grocery/Home
アメリカのスーパーでは普通、購入する果物や野菜は目で見て厳選しないと大変な事になります。なので、あまり品質については期待していなかったのですが、届いた食材を見てみると、どれも新鮮そうで驚きました。品目は少なめでしたが。。。初回は配達費が無料になります!





スポンサーサイト
  1. 2012/12/06(木) 13:36:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Cellular Automata a discrete view of the world | ホーム | happy thanks giving>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rougetea.blog94.fc2.com/tb.php/22-bbc263d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。