Rouge Tea Party @Caltech

Caltechで理論物理の研究をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

卒業

今日は卒業式でした。晴れてPhDを取得することができました。
今まで応援してくれた友人、MITでの同僚、世界各国のライバルたち、みんなに感謝したいです。

明日からは、人生でもっとも惨めな3年間が始まります。つまりポスドクになります。あのポスドク問題で有名なポスドクです。
ポスドクとは、PhD取得後、大学でfacultyになるまでの間に就くtemporarlyな職のこと、要は浪人生みたいな物です。
とても惨めです。惨め以外の言葉が見つかりません。

学生の間は先生から与えられたテーマしか研究しないから、ポスドクでは初めて独立して研究できる、ポスドクとは最も自由な研究ができる期間だとか言う人もいます。
けれど、ずっと独立して研究してきた僕にとっては意味の無い言い訳です。

一般的に理論物理学、とりわけ僕の分野のように競争の激しい分野では、PhDを取得した後6年くらいポスドクをしてからassistant professorになることが、かなり普通だったりします。
が、世間の人は、そんな事は気にせず、例えば経済学だと普通ポスドクをしないよね、などと言うでしょう。

僕がこれから就くポスドクのポストは、控えめに言っても、東大の普通の助教よりは、はるかに就くのが難しいポストだと思われます。
しかし、日本では何故か助教はassistant professorと和訳されているので、日本の方々からはポスドクの方が下に見えるでしょう。

ポスドクは、MITの物理学科でPhDを取った人が選ぶ職業の中で、給料が一番低いです。
研究職に就けなかった人も、ウォール街に行って眠気を覚えるような計算をするだけで一年目から3千万円は稼げるのに、ポスドクは600万です。

ポスドクという職に、良い事なんて一つもありません。
では、何故ポスドクをするのかというと、正直よくわかりません。

でも、僕は理論物理学の研究と言うスポーツが好きなんだと思います。
誰が一番頭が良いのかを、小細工無しに競うスポーツ。
時には、一緒に戦う仲間がいて。時には、競争相手がいて。ライバルは時に、友人になって。
自然というフィールドで、人間の知能の限界に挑むゲーム。
そして、ついには、この世界の深淵をのぞき見る、そんな魔性の遊びがしたいだけです。

ポスドクになるのは、とても惨めです。
しかし、人生をかけたこの遊びに興じるには、これしか道がないみたいです。
仕方ないので3年間だけ、我慢してみようかと思います。

スポンサーサイト
  1. 2012/06/08(金) 20:13:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<the map of my life など | ホーム | ポスドクの職探し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rougetea.blog94.fc2.com/tb.php/18-588f9bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。