Rouge Tea Party @Caltech

Caltechで理論物理の研究をしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

12summer

今期面白かったアニメの感想でも書こうかと思います。今シーズンは、個人的には久々の豊作シーズンでした。以下は、厳選3作品です。

氷菓

軽くミステリーのテイストが入った、青春群像劇です。このアニメの素晴らしさは、2期のOPに詰まっていると思います。
主人公は、他の人には無い才能を持っているのですが、その使い道がわからず、「普通に生きたい」と自分に言い聞かせ、ただ漫然と日々を過ごしているだけでした。
そんな現実から浮遊した感覚の日常の中、ヒロインとの出会いを通じて、少しずつ自分の才能に気が付き、心を開いて行きます。
主人公が2クールにわたって、徐々に世界との繋がりを持って行く様子も、ゆっくりと恋に落ちて行く様子も、素敵でした。

TARI TARI

王道の青春アニメで、合唱をテーマにしています。正直言って、ものすごく感動しましたし、何度も涙を流してしまいました。
このアニメを高校生の時に見ても、漫然とただ時を過ごすような生き方をしていた僕は、何も感じなかったと思います。
けれど何かに向かって頑張っている今だからこそ、登場人物たちに自分を重ねることができ、共感することができました。
どんなに年をとろうと、どんな国に住むことになろうと。このアニメには、自分の心の奥底の大切な何かに語りかけてくるような、美しさがありました。

超訳百人一首 うた恋い

友達に勧められるまでは、女性向けアニメかと思ってスルーしていましたが、とても良いアニメでした。
百人一首などの和歌にもどづいた恋物語を、時代設定は変えないまま現代的なテイストでアニメ化した作品です。
大昔から今に至るまで、日本人が心の中に抱いている感性というのは、変わっていないのだなと思いました。
僕は高校の頃に古文の勉強で、百人一首や源氏物語や何やらをしっかり勉強させられてたのですが、それが生まれて初めて役に立った気がします。


スポンサーサイト
  1. 2012/09/25(火) 14:26:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<腎臓 | ホーム | 日本滞在>>

コメント

>このアニメを高校生の時に見ても、漫然とただ時を過ごすような生き方をしていた僕は、何も感じなかったと思います。
>けれど何かに向かって頑張っている今だからこそ、登場人物たちに自分を重ねることができ、共感することができました。

そやな。
百人一首で小野小町が「花の色は」って詠んだときに「その歌、自分の選んだ道を進んで今そうやって後悔しているあなただからこそ詠めた歌だ」って台詞があったように、
今こうやって生きているからこそ見える世界っていうのがあるはずやねんな。
くさいぜ・・。


>僕は高校の頃に古文の勉強で、百人一首や源氏物語や何やらをしっかり勉強させられてたのですが、それが生まれて初めて役に立った気がします。

教育って往々にしてそういう面があると思うけど、それをそのときどうやって受ける側に認識させるのかっていうのが一般的な課題である気はするな。
  1. 2012/09/25(火) 23:55:16 |
  2. URL |
  3. だいち #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

うた恋いは、高校の古典の教科書に使用されるできだと思うよ。
  1. 2012/09/26(水) 12:55:55 |
  2. URL |
  3. Rouge #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rougetea.blog94.fc2.com/tb.php/10-162faa01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。